児童家庭支援センター かわわ

○児童家庭支援センターとは

地域の子育て家庭の皆さんからのさまざまな相談に対して、専門的な支援するとともに、さまざまな援助を行う児童福祉施設として、児童福祉法に定められている、横浜市から認可を受けた施設です。

 

○「横浜型」児童家庭支援センターについて

市内で児童養護施設などを運営する社会福祉法人が、その施設内に設置した児童家庭支援センターです。子育て中の地域の皆さんの支援機関として、「手を差し延べる」支援を行っていきます。 

○事業案内

子育てでちょっと困ったことなど、相談員や心理士が相談に応じ、いろいろなサービス利用の提案など、解決に向けたお手伝いをさせていただきます。

児童家庭支援センターでは、地域の支援機関として、次の業務を行います。

1 地域・家庭からの相談に応ずる事業

2 児童相談所からの受託による指導

3 関係機関等との連携・連絡調整

4 里親・ファミリーホームへの支援

5 養育家庭支援事業(市町村の求めに応ずる事業)

  区役所と連携して、皆さんの子育てを支援します。

(1) 登録家庭の家庭環境の改善

(2) 登録家庭の援助に必要な関係機関との連絡調整

(3) 横浜市子育て短期支援事業の利用調整

    子どものショートステイについて、利用の相談を受け付けます。

 (4) その他、登録家庭に必要な援助

○子どものショートステイ(横浜市子育て短期支援事業)

  ◇対象年齢

原則として、2歳から12歳(小学生)まで

◇利用方法

ショートステイ等を始めるにあたってまずは登録を行なっていただきます。